株の投資方針

株の投資方針

株の投資方針は許容できる範囲でリスクを取りつつ、安定した配当金、株主優待を取得することを目指しています。
大体考えていることは次の通り。

投資方針

①貯金の内生活に支障を与えない資金のみで運用する
②運用資金の47%を株主優待がある銘柄に投資
③運用資金の33%を株の売買によるキャピタルゲインを目指す
④運用資金の20%をeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)へ投資。配当金狙い

現在、生活に支障を与えない資金は大体1500万円くらい。
700万円を株主優待、500万円をキャピタルゲイン狙いの資金へ、300万円を米国株式(S&P500)へ割り振って投資してみました。
運用資金の内、利回りが3%と仮定すると、配当金は年45万円はもらえそうだなと予想をしています。
低く見積もっても1月の仕事をした分が回ってきそうな気配ですね!( ∩’-‘⊂ )シュッ
株主優待でもらえる食品とか金券を含めると貯金できるお金も増えそうなのがいい感じ!

株主優待生活のことは優待で有名な桐谷さんの話を参考にしてます。
桐谷さんの話ではメリットばかりとりあげられていますが、どうやらデメリットもあるみたいなのです。
そこらへんもちゃんと考えて行かなければなぁと思っています。

株主優待のメリットデメリット

調べた感じメリットとデメリットは次のような感じでした。

株主優待のメリット

①優待品がもらえる
②優待品のために投資するため幅広い銘柄に分散投資していることになる
③優待品のほかに配当金がもらえるところもある

株主優待のデメリット

①株主優待が廃止になる可能性がある
②優待の権利落日で株価が下落し、優待以上の損失を受けてしまうことがある
③株自体が割高になりがち

なかなかうまくはいかなそうですが、先人たちの知恵や知識を考慮して取引していきたいと思います!

株主優待株を取得する時のポイント

ひとまず優待株を取得する時のポイントはこんな感じかな?

  1. PBR(純資産倍率)が低い銘柄を選ぶ
    株価をBPS(純資産利益)で割ったもの。1倍以下だと株価が割安になる。少ないほど良い。
  2. PER(株価収益率)が低い銘柄を選ぶ
    株価を一株あたり純利益額で割ったもの。15倍以下だと株価が割安になる
  3. 自己資本比率が30~60%の銘柄を選ぶ
    自己資本比率とは自分の会社でどのくらいのお金を借りているのかを現したもの。桐谷さんの話では大体30~60%を目安にしているという話でした。
  4. 配当利回りが4%以上の銘柄を選ぶ(優待込み)
    桐谷さんの話では配当利回りのほかに優待分の利回りも含めて4%以上を目安にしているそうです。私も参考にしてみようかと思います。
  5. 権利確定日3か月くらい前から徐々に株価が上がるためできればそこは避ける
    株主優待の権利が得られる時まで徐々に株価が上がっていく傾向があるそうです。できれば早めに購入するか、株主優待の権利が落ちて値が下がった時に購入するのが賢そうですね。

①PBRが1倍以下
②PERが15倍以下
③自己資本比率が30~60%
④配当利回り4%以上(優待込み)
⑤権利確定日3か月くらい前から徐々に株価が上がるためできればそこは避ける

その他目安となる目標

桐谷さんの話では大体3000万円ほどの資産運用ができれば株主優待生活ができるのではないか?という話をしていました。
ただ、他のサイトやyoutubeの方々の情報を見ると厳しそうだという意見もありました。
私も3000万円だとかなり我慢をした生活になるのではないかと考えています。
配当利回りが4%だとしてすべて配当金を貰えるとすると120万円、1月10万円くらいで過ごさなければなりません。
もともと4%全部もらえるわけではないですし、株価が軒並み下がった時、配当金がないと暮らしていけなくなる可能性もあります。

大学生の時は月10万あれば余裕で過ごせる感じでしたけど、保険料や年金やらで消えてしまいますからねぇ~……。
めっちゃ我慢すれば3000万円あればなんとかなりそうな気配もあると言えばあるかもしれません(*´﹃`*)

そう考えると1億円ほどの資産があれば今の生活を崩さず、防衛資金を残しつつ過ごしていけるのかなと思いました。配当利回り4%だと400万円。一人で過ごしていくとなると割と現実味が見えている感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA